読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brewfileとbrew-caskとを使ってのMacのセットアップ

Macの初期セットアップをするにはBoxen使うよりもBrewfileとHomebrew-cask使うのが良いかと思います。

現時点ではこの方法が一番だと個人的には思っております。

BrewfileとHomebrew-caskについての記事はいろいろな方が書かれているので詳細はそちらを参照して下さい。

Boxenはなぜダメなのか?

Boxenが全然イケてないよという訳ではありません。上で上げた記事でもみなさん述べているのですが、Boxenは大掛かりすぎるのですよね。最初はBoxen使えば個人的にMac買い替えた時に便利だなーとか、みんなの環境揃えられるかなーと思ってちょっと調べていたのですがいろいろ面倒くさい。

あと、なんやかんやでPuppet覚えないといけないのもちょっと。Boxen触り始めて初めてPuppetを触り始めたのですが最初ちょっと辛かった。まあ慣れてしまえばどうってことないのですが。この最初の敷居がチーム内に浸透させにくそうだと感じました。

そして一番の原因が自分の環境がイマイチよく分からなくなること。Boxenの動きをきちんと理解すれば問題ないのでしょうが、rbenvとかもろもろ勝手に入れられてしまうのでなにがどこにあるのか私的には分からなくなりました。

そんなこともあり、結局仮想マシン上のOS Xでいろいろと試行錯誤しましたが結局使うことをやめました。

(ここが結構大事なところで私はチキンなのでいきなりローカル環境で試す気にはなりませんでした。安全策をとってこの方法仮想マシン上で実験しました。結果、これで良かったと心から思っております。)

Brewfile

HomebrewはMacで開発している方ならほとんど使っているはずです。(MacPortsを使っている人もいるかと思いますが。。。)。なのでbrewの延長線上で環境を管理できるので違和感なく導入できるのが最大のメリットだと思います。

そして非常にシンプル。Brewfileを用意してそこにインストールしたいものを記述しておけば、brew bundleコマンド一発でセットアップができます。

しかもこのコマンドをたたいた時に、既にインストールされているものは「既にインストールされています」とスキップしてくれます。これ地味に便利。

Homebrew-cask

brewだけでできることはあくまでもbrewに登録されているパッケージを管理することだけです。そこでbrew-caskが必要になってきます。これを使うとdmgやpkg形式の普通のアプリケーションもインストールできるのです。素晴らしい。

私が普段使っているアプリは全てcaskのリポジトリに登録されていたので全く問題なかったです。もし自分が使っているアプリが登録されていなくても簡単なRubyのコードを書いてあげればOKなので拡張性も高いです。

まあアプリケーションのインストールはBoxenでもできるのですが、何度も言うように Brewの延長上でできる ということが最大の肝だと思います。

補足

インストール方法についてはここでは特に触れません。それぞれのドキュメント読むなり、冒頭であげた方々の記事を読めば詳しくのっております。

一応、各ツールのリンクだけ張っておきます。

まとめ

私のBrewfileはdotfilesの一部としてあげておきました。

こうしておけば以前書いた記事のようにhomesickを使って、いつでもどこでも自分の環境を作りなおすことが可能です。

チーム開発を行う場合はチームでのdotfilesを用意しておけば良いだけです。

すごいべた褒めな感じでBrewfileとHomebrew-caskを紹介しましたが不満点が無いわけではありません。

以下に今のところの私の不満点をあげておきます。もしかしたら何かしら方法があるかもしれないので「それできるよ!」というものがあったら@braitomまで教えていただけると助かります。

  • OS Xの設定ができない

    • BoxenではDockを左側にするとかそういったOS Xに関する設定ができました。brew-caskだとこれができません。
  • App Storeのアプリはインストールできない

    • これは致し方無いきもしますが、AppStoreの履歴からポチポチするのがダルいです。
  • brew-caskでインストールするものの中にはたまにpassword入力が必要なことがある

    • 私の場合、Google日本語入力がpasswordの入力が必要で途中で処理が止まっていました
  • コマンド実行が必要なものをいれられない

    • 私の場合、nodeのバージョン管理にはnodebrewを使っています。 こいつはperlコマンドをたたいてあげる必要があるのですがこれができる方法が無いです。あとoh-my-zshもこの理由により入れることができません。

この辺を解決できる手段があればまさに最強のツールになるのですが、たいした手間でも無いので私的には全然許容範囲です。